柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


正月早々・・・
元旦の昼過ぎに(元旦とは一日の朝を示すそうですが)お正月らしくない作業をはじめました。
それというのも昨日から張り切っていたがくの足跡が、雪の上に嬉しそうにくっきりとはしゃいでいるのです。

c0166018_11503244.jpg


あまりにかわいいのと今後の作品造りの何かの役に立つだろうと「石膏型をとろう」と思ったわけです。 
その時の頭の中は、雪国の事件現場で警察の鑑識の方が犯人の足跡に石膏を流している図がありありと浮かんできて、私もすっかりそんな気分。

一番きれいな足跡を捜してうろうろ。写真を撮ったり石膏を混ぜたり地面にしゃがみ込んでいる私に、お年始のお客様は「なにしてるの?」と興味津々。でも、「犬の足跡がね、あんまりかわいいから石膏で型を・・・」と最後まで言い終わらないうちに興味を失うらしい(笑)
石膏を流し、これで固まるまで放置しておけばばっちり!と心の中でニヤリとし、せわしない時間を過ごしていると、ふと嫌な予感が・・・・
「そういえば石膏って固まるときに熱を発するけど大丈夫なのかな?」
あわてて庭にでて 回りの融けた石膏の固まりを手に取ってみると、ただのぶつぶつ感の残った石膏の固まり(泣)

正月早々がっかりしたわけですが 実際の鑑識の方はどうやって足跡の型をとるのでしょうねぇ?

もしご存じの方がいらっしゃったら教えてください
# by shibakko_koubou | 2005-01-05 11:50 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
明けましておめでとうございます
不安に満ちた2004年がようやく終わり、希望に満ちた(私だけがそう思っているのかも知れませんが)2005年がやってきました。
去年と今年たった一晩過ぎただけでそう変わるわけはないのですが、でも気持ちだけでも新たにして行こうと思います。
去年不安だったこと 戦争や災害 事件・事故 これらはみな私達人間の心がけ次第で減らすことが出来る事だと思います。災害にしても 環境問題・地球温暖化がなんらかの影響をもたらしているような気がします。
だから 少しでも良い2005年になるように 小さな力しかないかも知れませんがコツコツ考えて実践していきたいと思っています。

大晦日には珍しく雪が積もりました。 こんな積もった雪を経験するのがはじめてのがく。 雨は大嫌いなのに雪は好きなんですね。 大はしゃぎで庭を走り回っていました。
でも、立ち止まっているときは一本足をあげていました。
冷たかったんですね(笑)

c0166018_11513759.jpg

# by shibakko_koubou | 2005-01-01 11:51 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
やっちゃいました
最近急に野生の本能が目覚めてきたようながく。
夕方になると一人で庭にでて一周グルッと捜索し、それに飽きると石の上の高いところに座って庭中を見張っているようです。
小一時間すると「寒いから開けてくれー」とドアをガリガリするのですが、いそいそと家に入ってきた顔を見てビックリ!
それが↓この顔。 
どうも紙のゴミを燃やした一斗缶のなかに顔をつっこんだようです。本人はとっても誇らしげなのですが・・・。
c0166018_11525562.jpg

# by shibakko_koubou | 2004-12-28 11:52 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
私の宝物
暮れに入って立て続けにご近所で不幸がありました。
小さな頃から会えば必ず声を掛けてくださっていた近所のおじさんやおばさんが、いつの間にかおじいさんとおばあさんになり、そして亡くなっていかれました。
「順番」とはいいますが、寂しいものです。

急に寒くなってきたしなんだか心細くなってきたな・・と感じていた頃、先月二十歳で交通事故で亡くなった息子の友人のご両親から素晴らしいお手紙をいただきました。

きっとまだまだ心は混乱されていることでしょう。でも、亡くなった息子さんを囲んでいたご家族の歴史を、ご自分の言葉で優しく淡々と書かれていて、ポストの前で家にはいるのも忘れて読みふけってしまいました。
手紙の最後を結ぶ言葉は、それまで冷静に読めていただけにあまりにもショッキングな言葉で、涙が堰を切ってながれてしまいました。
・・・「息子は私の宝でした」・・・
この文を過去形で書かせた息子さんの20年間の親孝行と、そして最大の親不孝を呪わずにはいられません。

良いところも悪いところもいっぱいある私の息子どもですが、現在形で「息子達は私の宝です」といえる幸せをかみしめたクリスマスイブとなりました。 

そうそう、柴犬がくちゃんも私の宝です。拾い食いするけど。(ちなみに息子どもは拾い食いはしないと言ってますが・・)

c0166018_196931.jpg

# by shibakko_koubou | 2004-12-26 11:53 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
柴犬陶器を作っているわけですが
私はこのポーズが大好きです
柴犬ファンは、この肛門を誇らしげに見せているポーズにメロメロです(私だけ?)

c0166018_11544560.jpg

# by shibakko_koubou | 2004-12-25 11:54 | 陶器/pottery | Comments(0)