柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
がく、立ち上がる!
4月24日 がくの地元では市議会議員選挙の投票日です


c0166018_17431687.jpg


facebookより 転載させていただきます


*************************
被災馬INFO(NPO法人 引退馬協会)のfacebookより


20キロ圏内を完全封鎖をするのであれば被災ペットや家畜や馬たちの救出/ケアは国の責任です。要望をお送りください!     

強制退避指示を出すだけで、家族であるペットや家畜や馬たちを置いていかなければならない状況にすることは動物虐待であり、被災者をさらに追いつめます。20キロ圏内完全封鎖をするのであれば、動物たちのケアをするのは国の責任です。政府への緊急要望をお願いします!


こちら↓から各府省への政策に関する意見・要望を送ることができます。

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


内閣府へ当てて、自治体担当部署(保健福祉局など)、地元獣医師会などと協力して避難所におけるペットの受け入れや、被災動物の保護などを促進するようお願いしてください。

封鎖されたあとも環境省に働きかけ、国の許可のもとに獣医師を中心にしたレスキューチームが封鎖圏内にはいれるように要望してゆきましょう。

*************************


c0166018_17433129.jpg

     
    がく、本気です(全部がくだけど……) 
by shibakko_koubou | 2011-04-23 17:54 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(7)
新作(表札)など
突然ですが、表札を作ろうと思いました。

福島のペットたちの事を考えていて、ふと思ったのですが

・避難する先にペットを連れて行かれない
・しかも外に置いておくのは放射性物質のことが心配
  
  二日間ぐらいの避難だと考えた方は えさやお水をいっぱいあたえて、
  家の中にペットを置いていくことを選んだかも知れません。

でも、辛い長い避難生活になってしまった現状を考えると、
「家の中にペットが残されている!」とわかる物があると良いなぁ。
そうしたらだれかに救出して貰えるかも知れないし、えさやお水を貰えるかも知れない。

で、「この家には犬がいたんだな」「猫がいたんだな」と判るような何か
とぼんやり考えていて、こんな表札を考えました


ついでに描きかたも紹介しちゃいます


c0166018_07640.jpg

素焼きの生地に赤いカーボン紙で下描きします(これはいずれ消えてしまいます)

赤を使うには意味があります。
最初の頃は黒を使っていたのですが、呉須という顔料も紺色なので、描き忘れたり間違えた線を描いても気がつかないという悲しい事件が起きたのです。

そう、完成してはじめて「しっぽがない!」と気がついたりして それはそれは悲しい出来事なんです


c0166018_071673.jpg


面相筆で輪郭や、他の筆で濃く描きたい部分などを描きます。
 (下描きの線を修正しながら描きます)

私のような未熟者が言うのも恥ずかしいのですが、
「私にとってはこの面相筆じゃなとダメ!」という筆を使っています。

それが手許に1本だけしか無く、メーカー名は判るのですがいつどこで買ったのか覚えていず、事ある毎に捜しているのですが、今だに出会えていません(悲)


この線を引く作業が一番緊張するので(私の場合ですが)息を止めて描いているようで、
終わったあと必ず深呼吸しちゃいます


c0166018_072435.jpg


ダミを入れます。
ダミとは 薄めの呉須をたっぷり筆につけて塗りつぶす作業ですが、この時のムラが命です。
ムラがない方が良い場合もあるし、ムラを作って絵付けに表情を出すこともできます。

この時も「この筆が一番使いやすい!」と勝手に思っている筆を使っていますが、
これはネットで買えます。


c0166018_073162.jpg



ここからは、薄いところを濃くしたり、描きすぎたところを削ったり、目に表情をつけたりして完成させていきます。
完成したと思っても釉薬をつけるまで時間や日にちをおいて何回も眺め、「ここがおかしいぞ」というところを直していきます。
もちろん、周りの模様を入れたり、ここでつい描きすぎてしまわないようにするのがコツ・・・と自分に言い聞かせています



釉薬を掛けて ピンホールなどを綺麗にして焼成。
私は1245℃まであげます。

c0166018_074145.jpg
c0166018_075125.jpg


てなわけで、販売を始めました。トップページ(←こちらをクリック)からごらん下さい。


最初の方に「これを企画した理由」をごちゃごちゃ書きましたが、

陶器の表札は、大きな地震の時は割れちゃって役に立たないだろうなぁ
ってのが 今回の落ちであります。


本当にペットのために必要なら 大きな紙に「犬がいるのでお願いします」と書かないとダメですよね。

でも、それよりもなによりも、大切なペットは必ず一緒に連れて逃げるようにしないと・・・。


*** *** *** *** ***


3月16日にアップした写真の中から選んで頂いたももちゃんのフリーカップが完成しています。

c0166018_075921.jpg


がくの若いガールフレンドのももちゃんです。
by shibakko_koubou | 2011-04-22 01:22 | 陶器/pottery | Comments(6)
動物園
c0166018_23374130.jpg


散歩とは言え、夕方はのんびりしているわんこたち。

飼い主達は世界の平和を願ったり、日本の未来を憂いたり……まぁ おしゃべりをしているわけです。


そんなある日
ふくちゃんのお母さんが


「うちのふくは小さな子に やぎ?って聞かれたのよ」
c0166018_23375280.jpg



いわれてみれば間違えても仕方がないかも



c0166018_2338566.jpg
そばを通り過ぎた若い女の子達が、走っているひまちゃんをみて



「この子、鹿みたい」
c0166018_23382298.jpg
なるほど、雰囲気はある





じゃあ がくはどんな動物に似てるんだろうね?
c0166018_23383512.jpg



そんなに期待されても………







c0166018_23403639.jpg
やっぱり そっちの系統よね?



c0166018_23404569.jpg



あはっ! ふて腐れた(笑)
by shibakko_koubou | 2011-04-14 00:01 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(8)
東京の未来は大丈夫?
c0166018_9155954.jpg




c0166018_9161732.jpg




c0166018_9164268.jpg




c0166018_9165191.jpg




c0166018_917051.jpg




c0166018_9172050.jpg




c0166018_9172916.jpg




c0166018_918299.jpg






懲りないがくです。
c0166018_9181254.jpg






c0166018_9182356.jpg


今回は少なくともビリにはならないと思うよ


雪だるまさんよりはねぇ………
by shibakko_koubou | 2011-04-09 09:30 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(12)
[Japan Earthquake Animal Rescue and Support]
海外の方が被災地で動物たちのレスキューをして下さっています。

↓↓↓

[Japan Earthquake Animal Rescue and Support]

facebookですので、もしかしたら見られない方もいらっしゃるかも知れませんが(よくわかりません)、とにかくご紹介したくてアップしました。

助けられたわんこたちの目を見ると胸が詰まります。 

そして有り難くてまた胸が詰まります。

c0166018_2183857.jpg



もちろん日本のチームもしっかり活動されていらっしゃるのです。

宜しくお願いします。というしかないです。

本当に有り難いです。

c0166018_218512.jpg

by shibakko_koubou | 2011-04-01 16:07 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(9)