柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
命をつないで
以前にもブログに書いたことがありますが、 

アメリカの柴犬レスキューや日本のいろいろな里親の会の資金調達のために、
少しばかりですが商品を送っています。

がくに癒され、がくと楽しく暮らし、その延長線上で犬を表現する陶器を作り貴重なお金をいただいています。
その上お客様には喜びの声をいただくことが出来て、こちらこそ、そのお手伝いをすることが出来て何よりの幸せなんです。

この売上金がないと、生きて行かれないわけではないし、
ましてや見本や失敗作、売れ残った物などが手元に溜まってきますので、
少しでもかわいそうなわんちゃん達のためになれば一石二鳥。

そんな気持ちで ネットでその活動をずっと拝見させて頂いて、
「ここにもらって頂きたい」と思う団体・個人でフリーマーケットなどをするときにお送りさせていただいています。
「押しつけている」ともいう…。


   ***


5月には、ひまちゃんの出身の「CATNAP」という団体のフリーマーケット会場に、段ボール一箱をひまちゃんのおかあさんに直接届けてもらいました。 
不定期ではあるようですが、小金井公園などのフリーマーケットに参加しているようです。


   ***


10月には、ずっとネットで追っ掛けをしていた「銀次郎君」の保護先の団体「ちばわん」のフリーマーケット用に段ボール一箱分をお送りしました

「ちばわん」では11月1日に八王子でいぬ親会が開催されるそうで、お送りした品物もこの時に販売されるそうです。
沢山のわんちゃんにも出会えるでしょうし、他にもいっぱいいろいろな商品が揃うと思いますので、お近くの方は是非お出かけ下さいませ。
私がお送りしたのは実験品/見本品/売れ残り品(汗)/失敗作(大汗)などなどですが 全部「新品」であることは威張って言えます。


   ***


それと、現在アメリカのシカゴの「柴犬レスキュー」による、チャリティーオークションが開催されています。
その団体で集めた商品をEbayで販売して資金を得るという物なのですが、もし良かったらご覧下さい。
私が送った商品も13点ほど出ています。 
先日我が家を訪れたアメリカ人の方が、日本滞在中に和犬の物を買い集めたんだろうなぁ…と想像出来るような商品もいっぱい提供されていて、ほほえましいです。
海外の方のチャリティーに関する気持ちにはとても感心させられます。普通に売っている値段以上の値段で購入してくれるのですから。
他にも日本ではなかなか手に入らない品物もありますし、見るだけでも楽しいんです。

こちら→Midwest Shiba Inu Rescue のチャリティーオークション →オークションは日本時間11/1に終了しました


ちなみに本来のページはこちらです→ 「Midwest Shiba Inu Rescue」

また、オレゴンの柴犬レスキューの方もとても素晴らしい活動をしていらっしゃるので、今回は私の分の売上の一部をそちらにも提供してもらうようにお願いしました。

c0166018_1238050.jpg

そうだねぇ。
柴犬ばかりじゃなくて、一匹でも可哀想なわんちゃんやねこちゃんが幸せになることを願おうね。

うちの陶器が入っている棚もスッキリするしね

尚オークションは日本時間11/1をもって終了しました
by shibakko_koubou | 2009-10-28 12:40 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(2)
柳のその後と柚子胡椒、そして…
台風で根こそぎ倒れてしまった柳の伐採が始まりました。


1日の作業が終わって次の朝、あっという間に根っこの部分だけになっていました。
c0166018_23412981.jpg



近づいてみると また新しい貼り紙が
c0166018_2342211.jpg

有効利用とは、いろいろな方のお話しによると「まな板」になるのでは…ということです。


中心部分は年輪が詰まっていましたが まわりはゆったりとした年輪で、のびのびすくすく育った様子にほほえましさを感じました。
c0166018_0212485.jpg

伐採工事は二日間で終わり、今ではまったく何もなかったかのような状態になっています。
隣の木も寂しくなっただろうなぁ


***********************

突然話は変わりますが、柚子胡椒を作ってみました。

瓶詰めやチューブの柚子胡椒を買い求め使っているのですが、いまいち「美味しい」と思ったことがないのです。

きっと 正しい柚子胡椒という物を知らないんだろうな…と思っていたところ、
「簡単な柚子胡椒の作り方」が
「茶舞姐さん」のところで紹介されていました。
読んでみると、材料は簡単に手に入る物ばっかり。しかも簡単そう。

とうことで、いつも愚図な私には似合わず作ってみました

まずは庭の青い柚子を20個ほど失敬。
(母屋の方に叱られるといけないので、こそこそっと目立たないのを採ってきました。ナイショですよ)
c0166018_031197.jpg



あと 青い唐辛子を買わなくては。
と思っていたら、今年も「もみじ市」が多摩川の河川敷で開催されました。

去年のもみじ市の様子はこちらで

ふらふら眺めていたら見つけました
c0166018_075149.jpg



柚子の皮をむいて(剥きすぎて白いところが多いかなぁとも思いましたが 結果は苦くなく美味しく出来ました)
c0166018_09172.jpg

この皮むきが結構やっかいで、直ぐに包丁が切れなくなってしまうのでティッシュで柑橘の汁を拭き取りながら剥きました。おかげで両方の親指の腹を切ってしまい、二日ほどろくろが回せませんでした。


唐辛子をざくざくと刻んで、(種も入れたままでよいようですが、私はきれいに取りました)


フードプロセッサーで、ガーっと細かく砕き、
c0166018_0123996.jpg



大きめな瓶に入れて、好みの美味しいお塩を混ぜ入れて冷蔵庫へ。


1週間ぐらいで発酵するそうですが、今日はその1週間目。
お昼に作ったおそばにたっぷり入れてみました。
今まで食べていた柚子胡椒と違い、自然なゆずの風味に思わずおつゆも全部飲んでしまい大満足!


***********************

がくの写真がないと寂しいので(私だけ?) とっておきの1枚を。

c0166018_0202276.jpg

by shibakko_koubou | 2009-10-25 00:29 | その他 | Comments(8)
柳の木を思う。
毎年大きな台風や爆弾低気圧によって、多摩川の景色が変わります。

小さな滝が出来てみたり無くなっちゃったり、無かったはずの支流が出来たり、きっと野生動物たちの巣穴や卵や生まれたての子供達も犠牲になったかも知れません。

今年は大きな台風も来ないで多摩川も無事に冬に向かうことが出来そうだなぁ…と思っていた矢先、台風18号が日本列島を縦断していきました。

午前中吹き荒れた風も止み、夕方の散歩に向かっていると、「多摩川が大変なことになっているわよ」という声が。 なぜだかわからないけど「柳が倒れたのかも…」とふと思いました。
それというのも、以前から散歩の時に「この柳の木、根は浅いし木が大きくなりすぎているので、枝を摘めないと倒れると思うよ」とおっしゃっている方がいらっしゃったからです。

あんな頑丈な木が倒れるわけ無いと思うけど・・・と密かに思いつつも、その言葉がいつも頭の片隅に残っていたのです


河原に着くと あらま びっくり
c0166018_1136399.jpg

見事にひっくり返っていました。


この柳はいつからあるのか?記憶をたどってみてもさっぱりわかりません。
こんなに近くに住んでいても、7年前にがくと歩くようになるまでは年に数回しか多摩川は訪れませんでした。

子供の頃近所のお兄ちゃんに連れてきてもらった時も、中学生の頃(40年前?) 土手からの景色を描いた時も、当時はグランドもなかったので一面手つかずの野原で、あんなところに大木はなかったと思います。

30年ぐらいさかのぼって前の犬との散歩を思い出すと、そのころ「多摩川の決壊」災害がおこり、大規模な工事によって、河原の形状がどんどん変わって行きました。

息子達と遊びにいったのは20年前ごろ。 カヌーに乗ったり 大きな鯉を手づかみしたり、投網で鮎を捕ってその場で焼いて食べたり、そのころは柳の木はあったと思います。

そして7年前からのがくと散歩をはじめた頃

c0166018_11511015.jpg

c0166018_11515758.jpg

夏は貴重な日陰となり、朝にはわんちゃん達が集まり「爽やか」という言葉がピッタリな空間になりました。

c0166018_11534745.jpg

がく5才の頃です。


台風一過の朝、がくと近くまで行ってみました。
c0166018_11585336.jpg


こんなに根っこが浅いとは! まるで箱庭に使う木の置物のようです。

c0166018_1159382.jpg


柳の根っこが浅いのか、ここの地盤が固いのかよくわかりませんが、もう少し下流の方でも台風の度に大きな柳が倒れていくので、柳という木の性格なのかも…と思いました。

実は、私の小学校時代のクラス名は「柳組」 。6年間その名前のクラスだったのですが、そういえば今まで「柳」という木の特性を考えることも有りませんでした。 
がくと散歩するまで、柳の木に花が咲くことも、それが綿のようにふわふわ飛びまわる季節があることもしリませんでした。


多くの人が「助けてあげて」と市役所に電話したりメールをしたようですが、日ごとに葉っぱが弱っていくのが見えました。

そしてこんな看板が。
c0166018_1245593.jpg

c0166018_1261987.jpg

今朝、沢山の車がやって来て 伐採作業が始まりました。


在りし日の姿です。

c0166018_1283034.jpg

by shibakko_koubou | 2009-10-21 12:13 | その他 | Comments(4)
ここちゃん ごめんね
庭で遊んでいたがくとここちゃんに、一つのビスケットを割ってあげたのですが。

あっという間に食べちゃったがく。

c0166018_0495665.jpg



c0166018_0501389.jpg

がくったら、知ってるくせに!!


c0166018_0503856.jpg



小さなビスケットだったので ここちゃんがこんなに時間がかかるとは思いもしませんでした。
わかっていたら、ここちゃんには高いところに移動してもらってからあげるのですが…


c0166018_05531.jpg



ここちゃん 早く食べないと取られちゃうよ


c0166018_0552496.jpg



あーあ 食べられちゃった。


c0166018_0553781.jpg



ここちゃんは本当に食べるのが遅くて、がくに取られちゃったことにすらしばらくの間気が付きませんでした。


c0166018_0555032.jpg


そのあとの二匹の表情。
おかしくって、カメラを構える手が揺れるほど大笑いしてしまいました。


c0166018_056471.jpg




c0166018_0561670.jpg



このあとここちゃんには、灯籠の上でビスケットを半分あげました。

残りの半分は……やっぱりがくにあげました
by shibakko_koubou | 2009-10-17 01:10 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(2)
同世代
犬同志の遊びを見ていると、同世代で盛り上がるようです。

c0166018_23435142.jpg

マフィンちゃんはがくと同世代。


     ***


c0166018_23451835.jpg

目線の先では ミニピンのロニーちゃんと柴のあんずちゃんが盛り上がっています。


     ***


c0166018_23464832.jpg

朝の二匹は何か会話をしてるように見えました。


     ***


c0166018_23472585.jpg

この二匹も同世代の1-2才。


     ***


c0166018_2348071.jpg

おじさん(?)二匹はあっけにとられているようです。


     ***


c0166018_23491317.jpg

c0166018_23494190.jpg

飽きずにいつまでもいつまでも遊んでいます


     ***


c0166018_23495456.jpg

あなた達も、私たちからみるといつまでも可愛い赤ちゃんなのよ。

お願いだから、あまり急いで年を取らないでね。


  
by shibakko_koubou | 2009-10-10 23:55 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
がくちゃん検定試験
突然ですがこの度「がくちゃん検定」という企画を考えました

面白そうでしょう?

c0166018_15314216.jpg


きっと楽しんでくれる人がいるよ

c0166018_15323754.jpg




と、ここまで見ていて「???なんかおかしい???」と思った方

「がくちゃん検定2級」合格です!!!
おめでとうございますー。
ちなみに「がくちゃん検定1級」は私だけです(きっぱり)



そうなんです。上のわんちゃんはがくではありませんでしたー!

c0166018_0145192.jpg

ありゃ まるでどこかの「カスガさん」みたい。


上の写真のわんちゃんはゴンちゃんといって、夕方の散歩でたまにお会いしますが本当によく似ているでしょう?
本人同士は「見ないふり」って感じですれ違っています。
c0166018_15414979.jpg

ゴンちゃんの飼い主さんは「ゴンちゃん検定1級」ですね。


     *****

さてさて、それでは次の問題です


c0166018_15431477.jpg

このがくは何を考えているでしょう?


ちなみにこの問題が出来ても「がくちゃん検定」は「初級」です。

簡単すぎるもの。


********************************************************

むーちゃんですが、その後も全く見つかりません。
むーちゃんが居なくなることで、自分がこんなに落ち込むとは思いもよりませんでした。

抱っこすると、よいしょよいしょとよじ登ってきたり、しゃがんでいるとおんぶしてきたり、喪失感というのでしょうか、本当に大きいです。

いつかひょっこりかわいい首輪なんかして顔を見せてくれることを願うばかりです。
by shibakko_koubou | 2009-10-05 15:56 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(2)
むーちゃーん!
実は昨日から行方不明なんです。



(むーちゃんの写真は一旦片づけました。ここを開くたびに涙が出てしまうので)



昨日の朝、「散歩に行ってくるからまっててねー」と、がくと出かけるのを見送ってくれて以来逢っていません。

3食食べていないことになります。

マグロとちくわしか食べないという偏食なむーちゃんなので、よそのお宅でご飯を呼ばれているとは思えないのです。
抱っこすることが出来るのは 多分私だけなはずです。
そんな私でも、庭以外では近くにも寄ってこないぐらいの慎重派です。

去勢しているから女の子を求めて旅に出たとは思えないです。

そういえば、最近広い道路の反対側で姿を見ることがありました。

そういうことを考えると、つい最悪なことを考えてしまいます。

近所の獣医さんには「こういう猫が事故で連れてこられていませんか?」と電話しました。
万が一、最悪な答えが返ってきたらどうしようかとドキドキしながらの電話でしたが、よかったのか悪かったのか、運び込まれていませんでした。

怪我して動けないのかなぁ…

どこかの物置などに閉じこめられているのかも…

そうだとしたら気が付いてもらうように大きな声で泣くんだよ!
いつもみたいな小さな声じゃダメだよ!



(むーちゃんの写真は一旦片づけました。ここを開くたびに涙が出てしまうので)



外に住んでいる以上 いつもこういう心配はしてはいるのですが…

ひょっこり帰ってくる事を願うばかりです。
by shibakko_koubou | 2009-10-02 22:30 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(2)
ささやかなお願い
c0166018_1923494.jpg



c0166018_1924682.jpg
c0166018_1925610.jpg





c0166018_193461.jpg
c0166018_1931342.jpg





c0166018_1932222.jpg





c0166018_1933091.jpg

by shibakko_koubou | 2009-10-01 19:03 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(2)