柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
5月15日 午後3時

カレンダーを見て愕然。

  
  
5月15日の所に赤い丸が書いてあります。

  

はい、書いた覚えはあります。



普段カレンダーに書き込む事はしないのです

でも、この丸は「忘れると大変だから書いておこう」としっかりと書いたのです。
書いて安心しちゃったようです。



しかも 昨日・・・。



なんだったっけなぁ?
誰に会うんだっけ?

全く思い出しません。


「携帯を手にしながら丸を付けた事」は思い出しました


だから携帯の着信履歴や送信履歴を見ましたが 知らない電話番号がいくつかあります。 いろいろかかってきていたから。


きっとこの中のどれかだと思うのですが、重要な事のはずです。
最近めっきりと遊びの予定はないから。



全く思い出せません

あと2週間のうちにおもいだすかな・・・?

c0166018_11411377.jpg



大丈夫かなぁ? 私。
by shibakko_koubou | 2008-04-28 01:06 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
この冬の成果(?)です
c0166018_058879.jpg



といってもこの写真は全部失敗作ばかり。

大きい方のお皿はろくろで作りました。しかし全部乾燥途中に底にS字型の亀裂が入りました。
それはそれは見事に全部です。 高台を削り出し棚に並べておいたお皿を見るたびに亀裂が入っていく・・・
その度に力が抜けました。

その理由はというと ちょっと手抜きをしただけなんです。

が、それが「底をしめる」という肝心な動作の手抜きに繋がっていたのだと思います。

ちょっとした手抜きが命取り・・・・・


  *    *    *

小さい方のお皿は たたらで石膏型をつかって作りました。

実はこの類のお小皿には この5年間泣かされっぱなしでした。

200枚 400枚ではすまないぐらい作ったのですが、歪み、口元のひび割れ、底の水切り(というのでしょうか?S字型の亀裂)との戦いでした。


「でした」というのは 現在はその戦いから逃避中なのです。

作る日は1回に20枚ぐらいを作らなければならなかったのですが、その度に考えられる全ての事を工夫したつもりです・・前回こうしたから 今回はこうしてみよう・・・ 

素焼きまでに2割ぐらい失敗し、本焼きで残りの2割ぐらい失敗する(成功率6-7割ぐらい)・・・それはうまくいったときで、駄目なときは成型して完全に出来るまでに3割ぐらいに減ってしまう・・・
そんな状態でした。
うまくいった・・・・といっても、「このぐらいのゆがみなら仕方がないかな」の程度で「妥協」の上です。

たたらとの戦いで一番嫌な事は、この「妥協」でした。
歪んだり割れたりして壊すのは何でもなかったのですが、「妥協」しなくてはならなかったのが本当に厳しかったです。


もしかしたら、成型時にいろいろ手をかけすぎたのが失敗の原因かもしれないと思い、「このお皿をつくるための最低限の事はなにか?」を常に考えていました

上に書いた大きなお皿の失敗「ちょっとした手抜き」にも繋がるのですが、何が必要で何が余計なのか?・・・見極めるには5年間では短すぎたかもしれません。  でも、しばらくは作りたくないな。


いずれ、このたたらのお小皿との戦いをこのブログにアップしていこうと思っています。
by shibakko_koubou | 2008-04-18 00:56 | 陶器/pottery | Comments(0)
気持ちいいなぁ
久しぶりの晴天
1時間の予定の散歩が ついつい2時間になっちゃいます。

いつも時間に正確なたくちゃんがお父さんとお母さんと現れると、ちょっとご挨拶をして「まずいまずい、もう9時になっちゃう・・」とあわてて帰路につきます。

ところがまだ帰りたくないがくは こーーんな感じ


c0166018_056136.jpg

by shibakko_koubou | 2008-04-15 00:54 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
がくちゃん、一人旅(を謀る)

春休みも終盤となった昨日の夕方。

とんでもない事件が起こりました。

本来なら夕方も多摩川の土手を散歩しているのですが、
昨日はたまたま街中(といっても駅近くの小さな商店街)を歩いていました。

ふとリードが軽くなったな・・と思ったら
なんと首輪とリードがいつの間にははずれていて、
ワンテンポ遅れてそれに気づいたがくのテンションが突然上がり、
(普段はめちゃくちゃ低いテンションで散歩しているのです)

ピョンピョン跳ねるように走り出しました。

c0166018_0481018.jpg




こうなってしまうと、何を言っても耳に入らないがく。

こういうときほど「ちゃんと躾をしておけば良かった」と
後悔でいっぱいになりますが その時はもう遅い・・・。

少し近づいては私をからかうように逃げ、自転車置き場を抜け、
たこ焼き屋さんの前を走り抜け、あれよあれよという間に駅構内に走り込みました。

以前はよく、がくとともに息子どもを迎えに通った駅ですが、
だから、当時息子を待っていたあたりを覚えていてそこに行ってくれれば袋小路に追い込めると思った私がバカでした。

テンションの上がったご機嫌ながくは、改札口も走り抜けてしまい、
私も改札を通してもらおうと駅員さんに説明しながら駅員さんとながめると、
機嫌の良さそうな柴犬が、誰もいない広い構内(この地図のグリーンの所です)を走り回っています。

 
頭の中ではがくをどこに追いつめようかそればかりを考えているのですが、全く良いところが思いつきません。
それどころか このまま反対側の改札を抜けてしまったら私はそこを通れないからぐるっと回らないとならない。その間に車に轢かれちゃったらどうしよう・・・ 

など、様々な事を考えながら呼んだり隠れたりポケットの中のお菓子を見せたり、近くで仕事をしている主人に電話したり・・・。

唯一の救いは 他に人が全くいらっしゃらなかった事でしょうか。
ご迷惑をかけなくて良かったです。

そんな事をしている間にあっという間にがくは「じゃ行ってくるね!」と言わんばかりにちらっとこっちをふりかえり、新宿方面のホームの階段を上がっていってしまいました。

いくら春休みにどこにも連れて行かなかったからって、なにも一人旅に出なくても・・・

私が階段の下に到着したときにはもうがくの姿はどこにも見えず・・

これからどうなっちゃうんだろう? といくら考えをまとめようとしても、想像もつきません。
ホームから落ちる?・・・電車に乗る?・・・・


とにかく追いかけるしかないかとホームを見上げると、救いの神が!!
若い外国人のお兄さん3人がしきりにこっちに合図してくれています。
そして、ホームに入らないように上から3人で派手なジャスチャーとともに「シッ!シッ!」と がくを追い返してくれているようです。
(階段が曲がっているので 下の方は見えないのです)

とりあえず助かったーーと手を振り、
階段を下りてきたがくと会えたのですが、私を見たがくのやつはまた「しまった!」とばかりに階段を上がっていってしまいました。

しかし3人のお兄さんの頼もしい事!!!
派手に手や足を使ってがくをホームに入れまいとしてくれて、そこでがくのテンションがストンとさがり、テクテクと階段を下りてきてようやく捕まえる事が出来ました。

ホッとして3人に「ありがとう」と手を振ったりお辞儀をしたりして感謝の意を伝えているところに各駅停車がホームに入ってきたようです。

あの3人がいらっしゃらなかったら あのままホームに上がりってしまい、あまり人の乗り降りのない駅なのでもしかしたら電車に乗ってしまったかもしれません。


駅員さんにお礼を言いながら改札を抜けているところに チーズを持った主人が来てくれてようやくホッとしたのですが、ほんの10分ぐらいの出来事だったはずですが、落ち着いてきてから足が震えてきました。



そういえば 以前もこのリードがポロッとはずれた事がありがくが逃げ出して大騒ぎをした事があるのですが、その時は「私の付け方が悪かったんだろう」と思っていました。

今回も特に力を入れたわけでもないのに同じようにポロッととれてしまい、はじめて・・・このリードはおかしい・・・と気がつきました。

c0166018_048421.jpg


家に戻り長男といじくってみたところ、何の力を入れなくても首輪の輪っかとの当たりどころ次第で ポロッと外れてしまうということがわかりました。

こういう形のリードをお使いのかたは くれぐれもお気をつけくださいませ


がくのやつめ!  一人旅をするのは100年早いぞ!
by shibakko_koubou | 2008-04-01 00:44 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)