柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
かれこれ1ヶ月前になりますが
2月の初旬の雪の夕方に出会った「完璧な」ゆきだるまさん。

c0166018_0461775.jpg


大きさも形も完璧。
東京で見る雪だるまはたいてい途中で雪が足りなくておかしな形になっているか、もしくは泥だらけなものだけど これは目や口にオレンジのにんじんが配置してあって がくもおしっこを掛けるのを忘れるほどのできばえです


ところが次の次の朝行ってみると こんな寂しい姿に・・・

c0166018_0464471.jpg


たった1本のにんじんを残して、あとかたもなく消え失せていました。

いったい誰が作ったんだろう?
なんで忽然と消えてしまったんだろう?
と 気にしていたところ

つい最近マロンちゃんのブログ、「バーニーズ マロンのひとりごと」 の所でその真相がわかりました。



それにしても マロンちゃんの大きくなった事
ついこの間赤ちゃんだったのに 今やがくの4倍近くなりました。

がくのヤツが マロンちゃんのおおきさにびびってしまって 軽く唸ってしまうので近寄れないのが残念です。
by shibakko_koubou | 2008-02-29 00:51 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
柴とコーギー

登校途中なのですが、お友達を待たせてまでやさしくやさしくがくを撫でてくれます。

そんなコーギー飼いの彼女は、がくを撫でるたびに「がくちゃんの耳 ちいちゃい!」と素直な感想を言ってくれるのですが、


きっとこんな寝姿を見たらびっくりするだろうなぁ

c0166018_0435231.jpg


足がこんがらがってるし
by shibakko_koubou | 2008-02-07 00:42 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
ゆきーーーー!
誰もいないだろうな・・・と思いながらも
雪のせいで張り切っていつもの多摩川へ・・・
(雨だと動かないのにね)

そしたらノンちゃんが・・・

c0166018_037524.jpg


遠くでがくを誘ってくれています。

c0166018_0375954.jpg


大喜びで遊んでいます

c0166018_03911100.jpg


ノンちゃんと追いかけっこしていたはずなのに
ふと気がついたら、後ろには 満面の笑みのモモちゃんが・・・

c0166018_0395499.jpg


だんだん遊ぶ相手が代わり
がくとももちゃんが追いかけっこ。

おこった?ノンちゃんが、モモちゃんを追いかけて・・・

c0166018_0403137.jpg

(注 セリフは想像です)

どんな状況でもモモちゃんは大喜び
結局遊びの中心はモモちゃんになり

遊び相手を取られたと思ったノンちゃんはお父さんを置いてさっさと帰って行ってしまいました
(でもちゃんと土手の上でお父さんのことを待っていましたよ)

そのノンちゃんを追いかけついでにモモちゃんも帰ってしまい

c0166018_0411812.jpg


ぽつんととり残されたがくです

「もてる男はつらい・・」
と言ったかどうか
by shibakko_koubou | 2008-02-03 00:35 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)