柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
はでに転びました。
あまりに抜け毛が酷いがく、そのせいで母屋の方では奥の部屋は禁止となっています。

今の季節、がくが奥に行かないためにドアを閉め切ってしまうと部屋の中が暑くこもってしまうので、ちょっとしたフェンスを置いています。 簡単に立てかけて置いてあるだけなのでちょこっとさわると倒れてくるのが怖くて がくは絶対にさわろうとしません。
私たちは 動かすとまた置き直すのが面倒なので 当然跨ぐことになるのですが、今夜息子を夕飯に呼ぶときに階段の下に行こうとして、その柵にひっかかってしまいました。

右足はちゃんと超えたんです。左足も当然簡単に超えたと思うやいなやひっかかり、柵もろともどてーんと・・・。

壁に捕まろうとしても全くさわれず、下手に手を出すと折れちゃうかも・・・なんて 床に着くまでにいろんな事を考えました。そして右腕を下にそのまま倒れたのですが、思ったより痛くないんです。私の脂肪って衝撃を吸収してくれるのかも・・・役に立つわーーと変なところで喜んだりして・・・

きっと数日後に痛みが出てくるんでしょうねぇ

転んでひょっとみたら がくが心配そうな顔で見に来てくれました。
「がくが一番に来てくれたね。ありがとね」と撫でていたら主人が「なんだよ。俺の方がすぐに心配して見に行っただろ」って・・・そういえばがくの向こう側に主人の顔が有ったな・・・って思い出しました。わるいわるい。ありがとう。

怪我は一カ所。
そのとき右手に持っていたキーホルダーの犬のどこかが手のひらにちょこっと刺さったみたいです。
親指の根本のところがへこんで皮がむけて痛いけど、いつもの通り自然治癒に任せます。
ろくろまわせるかなぁ

これがささったキーホルダー
とがったところが全くなく、金属だけど優しい雰囲気です

c0166018_22382743.jpg

by shibakko_koubou | 2007-06-27 22:43 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
柴レスキューの方から
とても丁寧なお礼のお手紙を頂きました

***********************
Dear Mariko & Eriko,(妹の名前です)

Thank you for your kind and generous donation of Shiba Inu Pottery for our annual Chicago picnic and online auction! I received a package today and the items are lovely.
Donations are our primary funding source. So, you can be assured that the proceeds derived from your donation will go to help needy Shiba Inu dogs, as we have no paid staff, no paid office, and no paid fundraisers. We rely strictly on volunteers and donations.

Our funds are used to make sure all MSIR dogs are healthy and well adjusted before adoption. Specifically, every MSIR Shiba is spayed or neutered, vaccinated, and micro-chipped before placement. If necessary, some MSIR Shibas even receive additional assistance, such as obedience training, treatment for acute medical conditions, dental work, temperament testing, etc.

If you'd like to learn more about the Shibas currently in MSIR foster care, the adoption process, or gifts that will please any Shiba lover, just visit our web site at http://www.shibarescue.org.

Sincerely,
***********************

また、お送りした大きなお皿は、$3,000の手術が必要な「かつ」という柴犬のための特別な賞品につかわれることになったそうです。

手術が順調に出来て、しかも元気になって、しかも良い里親の方に出会えることを遠い東京から願うのみです。

c0166018_2241430.jpg


写真は送ったお皿より一回り大きいお皿のものです。
光の関係でほのかにピンク色に見えますが実際は優しい白色です
by shibakko_koubou | 2007-06-24 22:40 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
発散してきました
久しぶりに所沢のグッドウィル球場へ。
交流戦が始まって今年でこの球場に行くのは3回目、何回行ってものどかで良い雰囲気の球場です。
うちからだと小田急線、南武線 多摩モノレール バスかタクシーなのですが、いずれも空いていて座れるので疲れることもないし、混んだ電車を使わないのは楽です。

勝敗? は ともかくとして、点の取れない阪神としては3点も取ったし、一時は同点にも追いついてすごく盛り上がったし、気持ちよく発散することが出来ました。

さあ、次は7月の東京ドームだ!

c0166018_22444967.jpg


実は 私が球場に行くと殆ど勝ったことがないのですよ。
阪神ファンの皆さん ここでこっそり謝っておきます。ごめんなさい・・・。
by shibakko_koubou | 2007-06-16 22:56 | プロ野球(阪神) | Comments(0)
昨日に続いて「シバイヌファン」
16ページ・17ページは私の柴犬の陶器の事を取り上げてくれました

c0166018_22492054.jpg



取材の最初の約束が「私の写真は極力小さく・・・」「がくはいくらでも・・」とお願いしたのですが、写真撮影で一番大変だったのが 「ろくろを回している私のそばでがくがまったりしている」というシチュエーションでした。
だって、普段だってがくは勝手に好きなところで寝ていてろくろのそばにはなかなかやってきません。
いろいろやった結果17ページの左下の写真が撮れました。
ろくろのなかにお菓子を忍ばせたのです(笑)

20ページ 21ページはがくの実家の記事です。
こうして載せて頂いたのはたぶん偶然。 がくのおかあさんとお姉ちゃんのお家から「今度取材があって親戚が集まるから来ない!」という電話があって、
「そっちも? わたしも」と言うことになりました。
がくと こちらで扱っているハーブに関しては またいずれブログで書かせて頂きます。
ちゃっかりがくも写真を撮っていただきました。
21ページの左下の写真に写っている5匹のなかの一番右側です。

c0166018_2250476.jpg



35ページは写真だけ

そして
36ページ 37ページに大宇宙屋で扱っている柴犬関連の商品をドサッと掲載して頂きました。

こんなことはきっともうないでしょう。
がくにとっても私にとっても 良い記念+経験になりました。
近所の本屋さんのおばちゃんの所にとんでいって「この本3冊仕入れてください」って言ったのは やっぱり親ばかですね・・・。
by shibakko_koubou | 2007-06-13 22:46 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
「シバイヌファン」が発売されました。
ゴールデンウィークのまっただ中。
「シバイヌファン」の編集の方とカメラマンのかたが取材のために我が家に見えました。 最初は「シバイヌを飼っていてそれに関する何かを作っている人」というアプローチでしたが、家の中での取材が終わり庭に出てみて、どうも方針が「シバイヌと日本的な庭」に変わっていったようです。

c0166018_22515718.jpg


庭は本に書かれているほどたいそうなものではないので恥ずかしいのですが、たしかにこの庭の中でたたずんでいる柴犬は絵になります。
そして 家の中だとお客様がいらっしゃると落ち着かないがくですが、庭だと落ち着いた物でじっとカメラのシャッターの嵐にも動じずじっとしていました。

それがこんな大きな写真で本に載せて頂けるとは・・・!(5ページ目の写真)

c0166018_22523477.jpg


庭の中央に池があるのですが、私の息子どもが生まれてからは「落ちたら危険」ということでまったく水は入っていません。 
写真はその池にかかっている橋に乗っているがくと、背景は白壁のお蔵です。

他のページの裏話(たいした物ではないのですが)と写真の説明はまた明日。
by shibakko_koubou | 2007-06-12 22:51 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
ここに入ると「若造」だ。
がくが小さな頃から毎朝のように遊んでくれている先輩わんたちです。

c0166018_22545781.jpg


右からのんちゃん、かいちゃん、ちゃちゃ そしてがく。
最近こそ時間がずれたりしてあまりあえなくなっているのですが、こうして揃うとみんな嬉しそう。私も嬉しいな。
by shibakko_koubou | 2007-06-05 22:53 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)