柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


土曜日の午後4時
3月の事でした
妹を通じて アメリカの柴犬レスキューから連絡が入りました。
要約すると、ペンシルバニアで迷子の柴犬が保護されたこと。その柴犬にはマイクロチップが入っているが アメリカ国内でその番号は認識されないとのこと。マイクロチップの会社によるとそのチップ番号は日本に送ったシリーズなので ○○商会という会社に連絡して飼い主を捜して欲しいとのこと。
その柴犬は相当の老犬らしく目も見えない、耳も聞こえない、咳も出ていて、腰を触ると痛がるので神経痛があるらしい・・・ということで、里親を捜す対象にはならないため、土曜日の4時までに飼い主が見つからなかったら安楽死になるとのことでした。

最初の連絡が入ったのが木曜日の午前中。大至急○○商会に連絡を取り 親切に調べてもらえることになったのですが、アメリカのマイクロチップの会社にも連絡を入れて調べてくれるとのことで、時差の都合上返事は金曜日の昼間って事になりました。

妹もアメリカでいろいろ調べてくれて ○○商会も次の日にはすぐ連絡をくれて、わかったことは横須賀の米軍基地内でマイクロチップを入れられた柴犬が何らかの事情でペンシルバニアに渡ったということだけで 飼い主を見つけるまでには至りませんでした。

その間 私の頭の中には「土曜日の四時」「土曜日の午後四時」ということは日本時間の「日曜日の明け方」・・・・そればかりが頭の中を巡り、気持ちが休まることがありません。

そうこうしているうちに こちらの土曜日のお昼に妹からメールが入り、「バセンジーを飼っている人が 引き取ることになった」と連絡が入りました。「いずれ長くは生きられないだろうけど この犬はラッキーだよ。シェルターで死ぬんじゃないからね」という妹のメールに どんなに気持ちが楽になったことか・・・

妹は5年間 オーストラリアキャトルドッグのレスキューをしていたそうですが、助けることのできた犬もいっぱいいたようですが どうにも出来なかった犬もいっぱいいたそうで、もうやりたくない・・・と言っていました。

いろいろなことが頭を巡った経験でしたが、多分私にはレスキューという仕事は絶対に出来ないだろうと確信しました。

c0166018_9293850.jpg


小さな頃から兄のように慕っている魁ちゃんです。
by shibakko_koubou | 2007-05-30 09:28 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
<< 柴犬レスキューの一つ 携帯のコマーシャルみたいかな? >>