柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「シバイヌファン」が発売されました。
ゴールデンウィークのまっただ中。
「シバイヌファン」の編集の方とカメラマンのかたが取材のために我が家に見えました。 最初は「シバイヌを飼っていてそれに関する何かを作っている人」というアプローチでしたが、家の中での取材が終わり庭に出てみて、どうも方針が「シバイヌと日本的な庭」に変わっていったようです。

c0166018_22515718.jpg


庭は本に書かれているほどたいそうなものではないので恥ずかしいのですが、たしかにこの庭の中でたたずんでいる柴犬は絵になります。
そして 家の中だとお客様がいらっしゃると落ち着かないがくですが、庭だと落ち着いた物でじっとカメラのシャッターの嵐にも動じずじっとしていました。

それがこんな大きな写真で本に載せて頂けるとは・・・!(5ページ目の写真)

c0166018_22523477.jpg


庭の中央に池があるのですが、私の息子どもが生まれてからは「落ちたら危険」ということでまったく水は入っていません。 
写真はその池にかかっている橋に乗っているがくと、背景は白壁のお蔵です。

他のページの裏話(たいした物ではないのですが)と写真の説明はまた明日。
by shibakko_koubou | 2007-06-12 22:51 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
<< 昨日に続いて「シバイヌファン」 ここに入ると「若造」だ。 >>