柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


窯出ししました(11/5少し手を加えました)

窯出しの写真を載せる前に

多摩川の柳のことが新聞に出ていました
小菅村の方が喜んで持って行って下さったことがわかり嬉しくなりました
c0166018_233567.jpg
柳が無くなって唯一良いことは、毎日多摩川の土手に登ると真正面に富士山が見られるようになったことです。


    ***


さて、窯出しです

毎度のことながら、1点1点チェックしながら写真を撮ります。


c0166018_2222298.jpg
これは重松さんがご自分のために描かれたお皿。存在感のある1枚です。
新しい筆の練習も兼ねました。



c0166018_2242213.jpg
がくがお世話になっている獣医さんの所にいる猫ちゃんのお家用に作った表札です。
10センチぐらいの小さな物なのですが、実は茶色と黒の絵の具の発色の実験でもありました。



c0166018_226835.jpg
これも実は実験品です。詳しい内容はまたいずれ。
実験が思ったより上手くいき、今後の参考になりました。お窯から出たのを見た瞬間「やった!」の気分です。



あれっ? 背景が揺れた。
c0166018_22122941.jpg

陶器の写真は、こんな簡単なスタジオみたいなものを使って撮るのですが、背景の白い紙が揺れています




気にしないで次の写真を撮りましょう。
c0166018_1621314.jpg
これも新しい筆の練習です。
なかなか良いかも!!!



あららら
c0166018_16221489.jpg
ここちゃーん。 お手伝いはいいから。
それより割れちゃうと危ないから。



c0166018_16225132.jpg
そうそう。気をつけて出てね。
こういう箱のような物があると必ず入ってくるのよねぇ。



えっ?
c0166018_16233047.jpg
くるっと回ってまたはいるの?
本当に好きね こういうところ。


でも、ここちゃんは陶器がいっぱいあるところを歩いても不思議と倒したり割ったりしたことがありません。



誰かさんは その巻尾を電動ろくろの取っ手に引っかけて回してしまい、乾燥させるために上に載せてあった器をふっとばしたことがあります。

c0166018_22583775.jpg

by shibakko_koubou | 2009-11-04 23:09 | 陶器/pottery | Comments(4)
Commented by atelier at 2009-11-05 05:29 x
良い作品がたくさんで楽しいですね。みんな、心がこもっている感じがします
Commented by まり2号 at 2009-11-06 19:57 x
>atelierさん はい、いつも描きながら「かわいいなぁ」って目を細めています。 「この写真のがくはかわいくないなぁ」って思うと、筆も進まず、できあがりも全然ダメなんですよ。
Commented by hako at 2009-11-07 09:29 x
まり2号さんの描かれる柴犬ちゃんは、とっても生き生きしていて
見ていると、思わず「うふふ♪」と笑みがこぼれてしまいます。
ステキな作品もスタンバイしているようで、楽しみです~。
さて、猫ちゃんのしなやかな身のこなしにはビックリしますよね。
細々とした置物を、所狭しと飾った場所であっても
決して倒すことなくスルリ・スルリと縫って通過していきますものね。
Commented by まり2号 at 2009-11-09 00:33 x
>hakoさん  お褒めの言葉ありがとうございます。どんな言葉より「生き生きしていて」と言っていただけるのが何より嬉しいです。
先日、「図鑑のような絵で柴犬と判ればいい」 ということで、大量のご注文をいただいたのですが、「そういうことなら私じゃなくても もっと上手で安く作る人がいるはず」とお断りしました。 本当に大量だったので今考えてももったいなかったかな・・・と思うのですが、でも、犬種図鑑に載っているような絵なんてつまらないですものね。 きっと描くのが苦痛になると思うので、お断りして良かったと思っています。
本当に、猫ってなんであんなに上手なんでしょうね。 ちっとも見ていないのに四つ足+尻尾 みんな上手に通り抜けていきます。 それにつけても がくの尻尾はいろんな物を引っかけてくれます
<< いろいろ作っています 1ヶ月…。 >>