柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


命日 Death anniversary
今日は以前飼っていた犬の命日です。
1982年 うぐいすがその春初めて鳴いた朝に眠るように亡くなりました。
老衰でした。
Today is our late dog’s death anniversary. In 1982, he went onto the Rainbow Bridge peacefully.


ここに写真をアップしようと今日一日探し回ったのですが、どうしてもアルバムが見つかりません。
見つかりましたら またちろの想い出と共にここにアップしようと思っています
I looked for his pictures all day to upload here, but I could not find his album. I will put the pictures upon finding the album.



c0166018_053713.jpg

パソコンの中に1枚だけこの写真が入っていました。
今見るとずいぶんおじいさんだなぁ。
There is only one picture in my PC. He looks pretty old here.


そして、当時ちろが歩いていたこの橋の上には 今はがくとここちゃんを先頭に4匹のネコたちが歩いています。
ちろが見たら怒るだろうなぁ。 ネコ嫌いだったから
The bridge that Chiro used to walk is now occupied by Gaku, Koko and 4 other cats. I bet Chiro will get upset seeing this. He hated cats.

c0166018_0143614.jpg


======================

きょうのがくはこんな感じ。
ストーブの前をがくとここちゃんと陶器が共有しています。
c0166018_23583212.jpg


明日どうしても素焼きをしたいので、一昨日にろくろを回した器をほんわかとした暖かさのストーブの前に置いています。
結婚した親戚のお嬢さんのために 粉引きの鎬のシリアルボウルを作りました。
本当に久しぶりです。柴犬を描かない器を作ったのは
by shibakko_koubou | 2009-03-08 23:41 | 柴犬/shiba/日本語+English | Comments(8)
Commented by Paige-Roo at 2009-03-09 01:34 x
ねこ嫌いはうちの犬たちが継いでるから大丈夫だよ。というか猫というもの自体、そとでは見かけないというのがあります。普通の常識をもった猫はけっして家にはこないし、そとをあるきまわる猫はつねにコヨーテのえさになるという危険ととなりあわせ。コヨーテ、かっこいいよ。歩き方が犬とはぜんぜんちがうね。ペイジも年寄りになったので、散歩は2匹いっぺんにはしないようにしてるんだけど、昨日ペイジファンの牛たちがいるロックフェラーのトレイルにいったとき(匂いをかいだり忙しいペイジは45分くらいかかり、運動部サニーは20分くらい)、一周する45分間になんと柴2匹にあったよ。こんなに柴をいちにちにみたことはない。一回、信号で止まった車のとなりに柴がのってたことがあるけど。最初に会ったのは六ヶ月のクロシバ、これは子犬ということもあって、Paigeもがまんしてた。次にあったのは家族連れで、女の子があの忌まわしいFlexiLeadいっぱいにのばしてあるいてた茶色の女の子。これはPaige、マナーのなさにおこってたねえ。そのあとのPaigeはバーニーズの2歳の男の子とは仲良くしてた。チロビーの命日に2匹の柴にあったなんてなんかふしぎ。
Commented by 神崎亮 at 2009-03-09 03:23 x
そしてその6ヶ月後に私が産まれるわけですね、わかります
Commented by まり2号 at 2009-03-09 22:53 x
コヨーテ いいよねー。一番好きな動物だよー。なぜってなんか ちろに似ていたから。子供の頃ディズニーの野生動物を紹介する番組で見たコヨーテは、とってもお利口だったし。
そっちにいってもコヨーテの声は聞いたこと無いけど、カナダのロッジで毎夜コヨーテの遠吠えが聞こえていて、夢のようだった。
それで町を歩いているネコにあったことがないわけね。
とにかく コヨーテが車に轢かれないことを願うのみかな。

ペイジとがく、会わせたらどんな反応だろうね? 会わせてみたいなぁ。
Commented by まり2号 at 2009-03-09 22:57 x
ちろの最後の頃、ちょうどつわりが酷いときで、腰が立たなくなってしまったちろのお尻を持っておしっこさせたり歩かせたりするのが本当に厳しかったっけ。
神崎君はちろの生まれ変わりかもね。 
無駄吠えがあまり無かったちろよりワンワンうるさいけど。
Commented by Paige-Roo at 2009-03-10 06:25 x
これはみんみんと同意したことなんだけどね、ACDにとって柴は「なにを考えてるかわからない不気味な奴」で、柴にとってのACDは「なにをあんなにがんばっちゃって、わかりません、私」。でもペイジはじぶんにさからわないような犬がすきです。家ではよくコヨーテの群れの鳴き声をきくんだけど、冬のさむーい夜なんかに聞くとちょっとこわくなる。夏の夜にうるさくないていたので、ペイジが窓のところにいって「ワン」とひとこといったら、ピッタとしずかになった。しかし私はペイジがコヨーテに誘惑されて「Call of the Wild」になったら心配だ。
Commented by まり2号 at 2009-03-10 12:24 x
本当に偶然なんだけど、今朝の多摩川で数頭のわんちゃん達とあつまっているところで ミニピンの飼い主さんに「がくって何考えてるんだかさっぱりわからないね」と言われました。
同じ朝に同じフレーズを2回も言われるのも面白いなとおもうんだけど、たしかに他のわんちゃん達はワッサワッサと走り回っているのに、がくだけ人間の固まりの中にでーんと座って犬たちとは反対側を見て何か考えている感じ。 ちょこっとリードを放してみたら 同じテンションのままとことことことこ勝手は方向に歩いていくし、「詩を詠んでそうだ」と言われました。

相変わらずこんな調子だから 会ったとしてもペイジのことは無視だろうね。

「Call of the Wild」…「野生の呼び声」…でいいの?
ペイジが野生に目覚める…てことが心配なの? 
それとも同じように遠吠えするってことが心配なの?
Commented by Paige-Roo at 2009-03-13 13:02 x
Call of the WildはJack Londonの名作ね。でもそう、野生に目覚めてしまうというのが心配、って、まあ本気に心配してるわけじゃないけど。彼女は遠吠えするよ。YOUTUBEでみてみて。彼女と、最近やっと遠吠えをマスターしたサニーと私とで時々合唱やってます。フライも死ぬ前にやっと遠吠えできるようになったのになあ。
Commented by まり2号 at 2009-03-15 00:07 x
そうそう その「野生の呼び声」。
小学生の時に読んだんだけど、人生で読んで泣いた2冊目の本でした。 
ちなみに1冊目は内容は覚えているけど題名は忘れちゃった。
<< いつの間にか出来たルール。 A... 肛門を学ぶ >>