柴犬と暮らしつつ、犬に関する陶器を作っています。
by shibakko_koubou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
ご案内
at 2015-12-31 22:59
よかったらfacebookにも。
at 2015-08-12 11:29
立っているものは犬でも使え
at 2015-07-18 21:53
なぜか好きなんです。Why ..
at 2015-06-21 09:26
上絵皿
at 2015-06-10 07:42
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by shibakko_koubou at 11:28
先日は素敵な箸置きをあり..
by milleco at 21:52
あけましておめでとうござ..
by hako at 18:43
おめでとうございます。我..
by atelier at 03:42
がくちゃん、おめでとう!
by Taka at 02:49
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
more...
リンク
カテゴリ
全体
柴犬/shiba/日本語
柴犬/shiba/日本語+English
プロ野球(阪神)
陶器/pottery
新作/限定品
ジオキャッシング
その他
ご案内
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


こゆきちゃん
珍しく明るい時間に現れたこゆきちゃん。

c0166018_11372677.jpg


近くのお寺さんに拾われ飼われていた猫が、

その後次々と捨てに来られる子猫たちに追い出されてしまい、我が家の近くに住み着いたのが5〜6年前。近所数件でエサをあげ可愛がりはじめました。
それが写真の白猫のこゆきちゃんです。

我が家と言えば、当時「猫に住み着かれたら大変」と言う理由で「庭で見かけたら追い払う」ようにしていたのです。
が、柴犬のがくを飼うようになり、脳天気にストーブの前で転がっている犬とくらべ、外の寒い環境でたくましく生きているこゆきちゃんの健気な姿にうたれてしまい、今では猫嫌いな母がすっかり虜になってしまいました。

地域猫・・・というのでしょうか、避妊手術もし、数人で餌をあげ 一件のお宅でベランダに簡易小屋を造ってあげて、しかしこゆきちゃんはそう言うみんなの気持ちに全面的には甘えてくれないのです。飼いたいと手を尽くしている方もいるのですが。

時間になるとどこからともなくエサ場にやってきてニャーオンと来るのですが、そこに他の猫がちょこっとでも姿を見せると、食べかけの餌を置いてすぐいなくなってしまうのです。
私たちが守ってあげるのに・・といっても当然伝わらず。どこにいっちゃったのかしら?とヤキモキさせられたり「さっきこゆきちゃん居たわよ」というご近所の言葉にホッとさせられたりの日々です。

今夜はいつもの垣根のところで待っていてくれるかしら?
by shibakko_koubou | 2005-03-30 11:36 | 柴犬/shiba/日本語 | Comments(0)
<< ドームに行ってきました こんどはこっちのmini >>